更年期をサポートするサプリメントランキング【決定版】

つらい更年期を乗り切るためのサプリメントを徹底調査

更年期をサポートするサプリメントランキング【決定版】

病院で治療

こちらでは、更年期症状の治療として病院で行われるホルモン治療・自律神経調節剤・向精神薬の効果と副作用について説明し、治療費の目安も紹介します。

更年期障害の代表的な症状には、疲れやすい、倦怠感、寝つきが悪いなどがありますが、自分の体の異変や変調に気付かないケースも多くあります。

更年期障害の病状を苦しいと感じたり、日常生活に支障が出てきたときには病院の診察を受けることをおすすめします。更年期障害の症状に似たような病気も多く存在しているため、病気の発見が遅れて大変なことになってしまう場合もあるからです。

更年期障害のホルモン治療の効果と副作用

更年期障害の治療として最も効果的と言われているのが、不足している女性ホルモンを補うホルモン補充療法(HRT)です。

ホルモン薬には卵胞ホルモンを補うエストロゲン剤と黄体ホルモンを補うゲスターゲン剤の2種類があります。

ホルモン療法が効果的な症状としては、 ほてり、のぼせ、発汗・冷え・血管系の不調や、鬱などの神経症状や性交痛、膣乾燥、骨粗しょう症などがあります。

個人差はありますが、副作用として乳房が張る、乳房痛、頭痛、性器出血、嘔吐、イライラ、うつ症状、肝臓障害などがあり、長期では乳がんになりやすくなると言われています。

また、子宮がん(子宮内膜がん)、乳がん、乳腺症、高血圧、糖尿病、 心臓/肝臓/腎臓の病気、子宮内膜症、子宮筋腫などはホルモン療法を行うことで悪化するのでホルモン療法を受けることができません。

ホルモン補充療法の治療費は初診料が3000~5000円、検査費用が3~5万円、薬代は投与されるホルモンの種類や量によって異なりますが、1ヶ月分で3~5万円くらいです。

自律神経調節剤の効果と副作用

ホルモン薬を使えない場合や更年期障害の症状が軽い場合に自律神経のバランスを整えるために用いられ、副作用が比較的少なく長期間服用しても安全とされていますが、効果がやや弱いので、補助的な治療として使用されるのが一般的です。

向精神薬の効果と副作用

うつ状態などの精神症状が強く他の治療方法で改善が見られない場合には、一時的に短期間最少限の向精神薬を併用して症状の改善を計ります。向精神薬の副作用には、眠け、だるさ、便秘、口渇(こうかつ)などがあります。

更年期サプリメント
ランキング